旅行

レンタカーの多様化|カーシェアリングの登場

車の返却時間

ベッド

レンタカーの返却には時間が設けられています。決められた時間を過ぎると超過料金が発生してしまいます。超過料金は高く設定されていることが多いので気をつけ、時間内に返却するようにしましょう。

詳しく見る

車の維持費は高額

乗り物

車を持っているだけで維持費はかかります。毎月のガソリン代や駐車場台の他に自動車税や車検など高額になります。そのため必要なときだけレンタカーを利用する人も多くいます。

詳しく見る

リーズナブルな価格設定

女性

利用料金は低価格化が進んでいます

レンタカーの利用料金はレンタルする車の車種や大きさ、グレードやオプション設定などで異なります。また、燃料を満タンに入れて返却する事が一般的なので、利用料金と消費した燃料の金額を合計した金額が一回の利用に必要な料金です。例えば、4人乗りの小型車を12時間レンタルする場合は3000円から5000円が相場となっています。これに消費した燃料の金額を足した金額が、実際の利用にあたって必要な金額です。近年は特に利用料金の低価格化が進んでおり、カーナビなどのオプションも標準装備されている事がほとんどです。利用時間の細分化も盛んに行われており、短い時間を低料金でレンタルする人が増えています。特に、利用料金が通常のレンタカーよりも低く設定され、短い利用時間でも利用可能なカーシェアリングと呼ばれるレンタカーの人気が高まっています。

レンタカーは戦後から発展してきました

現在では、複数の鉄道が交わる主要駅や空港の周辺には多くのレンタカー会社が店舗を展開しており、とても一般的な存在です。そんなレンタカーの歴史は長く、日本における本格的なレンタカー事業が始まったのは1950年頃です。その後、1970年頃からは自動車メーカーが母体となったレンタカー会社や母体を持たない独立系のレンタカー会社が次々に業界に参入し、価格やサービスの競争が激しくなりました。2000年頃からは、ガソリンスタンドの敷地内などで運営される格安のレンタカーが登場しました。それまでのレンタカーとは異なり、短い利用時間でもムダが少なくレンタル出来て料金も格安なので人気が高まりました。これはさらに低価格化を加速させ、現在は激しい価格競争が行われています。

安くて便利な近隣の駐車場

夫婦

空港の駐車場が満車の場合は空港近辺の駐車場を利用するといいでしょう。空港への送迎バスも無料で行なってくれ大変便利です。他にも色々なサービスが有ります。雪かきサービスや洗車、夜間の見回りなどです。

詳しく見る