家族

レンタカーの多様化|カーシェアリングの登場

車の維持費は高額

乗り物

車を持たない人が増えている

最近は車を持つ人が減ってきているといわれています。車は持っているだけで自動車税などの維持費が毎年必要になってきます。そして何よりも大変なのが2年に1回ある車検です。どれだけ大事に手入れしている車でも消耗品の交換を含めると10万円以上はかかってしまいます。都心部では電車の充実ぶりと道路の混雑さから、ますます自動車離れが進んでいくでしょう。でもちょっと買い物で荷物が多くなり沿うなどと行った時に今だけ車が欲しいなと思うことは多々あるでしょう。レンタカーはそういった時に利用するととても経済的です。レンタカーは現在利用者が増えてきていることから色々な種類があります。それぞれの特徴を見て自分に適したレンタカーを利用すればさらにお得に利用できるでしょう。

レンタカーの現在の業態として注目されているのがカーシェアリングです。通常レンタカーを利用する場合はレンタカーショップに行き、乗る車を借りますがカーシェアリングでは駐車場にカーシェアリング用の車が置いてあり、愛用の人であればいつでも好きなときにその駐車場に行けば利用できるというような仕組みになっています。カーシェアリングの最大のメリットはなんといっても支出が必要最低限に抑えられるというところです。通常のレンタカーだと半日利用というようにかなりまとまった時間の利用になりますが、カーシェアリングは時間単位での支払いなので本当に必要なときに必要なだけ利用する事が可能です。車に時々乗る程度という人にはうってつけのサービスなのではないでしょうか。